虫歯治療で使う歯科金属とセラミック保険診療と自由診療について|京橋・銀座の歯医者 京橋 銀座みらい歯科|京橋駅直結

診療時間 日・祝
8:00-20:00

◎ ・・・11:00-15:00/16:00-20:00 
○ ・・・8:00-12:00/13:00-17:00 
▲・・・9:00-14:00
※最終受付:診療時間の30分前まで
休診日:日・祝

BLOG

虫歯治療で使う歯科金属とセラミック保険診療と自由診療について

虫歯治療で使う歯科金属とセラミック保険診療と自由診療について

2020/06/13 ブログ

こんにちは、梅雨が近くなりジメジメとしている日々が続いております。いかがお過ごしでしょうか?京橋 銀座みらい歯科の吉竹です。

先日のブログでは虫歯の基本的な発生、リスクについてお話しさせていただきました。
(先日のブログ 虫歯の原因と虫歯予防について

今回は虫歯治療をする時にどのような材料があるのか?についてお話しします。

虫歯治療は大きく分けると保険診療と自由診療とがあります

虫歯の治療を行う時には削った箇所に詰め物をしたり、型取りをして詰め物を技工所にて作成していく場合があります。
技工所には歯科技工士物(被せ物、差し歯)を作成するプロフェッショナル(歯科技工士)の方がいらっしゃいます。
当院では精密な技工を可能にするラボと提携をしており、様々な修復物を作成しております。
歯科の治療には大きく分けると保険診療と自由診療とがあり、それぞれに使われる材料に違いがあります。

虫歯治療で使う代表的な歯科材料は、金属とセラミックです

京橋 銀座みらい歯科の虫歯治療で使用する白いセラミックの被せ物と金属の被せ物

虫歯治療で使う代表的な歯科材料は、金属とセラミックの2種類になります。
歯科金属とセラミックは、審美的な部分、かたさ、汚れのつきやすさ、接着、アレルギーなど様々な点で大きな違いがあります。
金属というと一般的には銀歯をイメージされるとおもいます。しかしながら、銀だけでできているわけではなく、銀歯はパラジウムを主原料として、金・銀・銅、等の様々な材料でできており、色が銀色の歯になります。
接着に関してはセメントを介在したうえで、機械的嵌合力によるものが大きくなります。

一方セラミックは白く、透明感やグラデーションがかかっており、細かな色調まで再現出来るため、審美性に優れ、お口の見た目を自然な状態に再現することが可能になります。接着に関しては歯とセラミックと専用の接着用材料を用いて、化学的に結合させることができ、再度虫歯などになるリスクを抑えるのことが可能になります。

虫歯治療で使う歯科材料の生体親和性やメリットデメリットについて

歯科材料の生体親和性について

人間の身体は体内に異物が入ると、身体から排除しようとする生体反応がおこります。
歯科材料は基本的天然のものではなく、生体にとっては異物として、認識されます。
生態親和性の優れた材料(セラミックなど)を使うことで、生体になじみやすく、有害な作用(アレルギー反応など)を起こすリスクを減少することが可能です。そのため安全性が高く長期的に患者様の健康維持に貢献できる性質を持ちます。

歯科金属を使った歯科治療

歯科治療に金属を使った場合、患者様は24時間365日、お口の中に修復物が入った状態になります。
そのため、虫歯治療などで金属の歯科材料を入れた場合、常に金属を舐め続けていことになり、金属アレルギーを起こす可能性が問題視されています。
歯科金属の装着直後比較的身時間期間でアレルギー反応が出る患者様もいれば、数年、数十年後に出る患者様もいます。
つまり、歯科金属は生体親和性は良くない場合があると言えます。

日本の保険制度では、審美性よりも、セラミックに比べ硬さのある金属を使うことを重要視してきました。

しかし、歯科金属はアレルギーを起こす可能性だけでなく変形をすることもあり、再度虫歯を作ってしまうリスクが高いことも事実としてあります。
また、セラミックに比べ汚れが付きやすく、虫歯以外に歯肉炎、歯周病のリスクが高まる可能性もあります。

セラミックを使った歯科治療

この様な歯科金属を使った歯科治療場合におこるリスクは、セラミックを使うことで大幅に下げることができます。
身体にとっては生態親和性の優れた優しい材料ですので、安心して選択していただければと思います。

強度で言えばセラミックは金属には劣るため、ある一定以上の負荷がかかる事で割れる事があります。
患者様としては割れる=悪いイメージをもたれると思いますが、割れることにより、他の歯の負荷を軽減し、噛み合う歯を守るケースもあります。

京橋 銀座みらい歯科でのセラミック治療

京橋 銀座みらい歯科で丁寧にセラミック治療について説明する院長

京橋 銀座みらい歯科では患者様のご希望を伺いながら、様々な選択肢の中から患者様のかみ合わせに合わせて適切なセラミック材料(E-max、ジルコニア)の選択もさせていただいております。
歯ぎしりや食いしばりの強い方や、加齢における噛み合わせの変化で割れる可能性があるため、マウスピース(ナイトガード)を治療終了時にオススメすることもあるかと思います。

当院のセラミック治療については下記のページもご参照ください。

京橋 銀座みらい歯科|セラミック治療

当院では、患者様にあわせたオーダーメイドの治療をしております。お気軽にご相談ください。
詳しい歯科材料については次回のブログでご紹介いたします。

京橋 銀座みらい歯科 院長 吉竹啓介

セカンドオピニオンも受け付けております

「現在治療を受けている医院の説明がわかりにくい」「歯を抜くしかないといわれてしまった」「インプラント治療はできないと診断された」など、他院での診断にお悩みの方のご相談に対応します。

まずはお気軽にご相談ください。

〒104-0031
東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン2F

東京メトロ銀座線「京橋駅」3番出口直結
東京メトロ有楽町線「銀座一丁目駅」7番出口より徒歩2分
都営浅草線「宝町駅」A4番出口より徒歩2分
JR「東京駅」八重洲南口より徒歩6分
JR「有楽町駅」京橋口より徒歩6分

診療時間 日・祝
8:00-20:00

◎ ・・・11:00-15:00/16:00-20:00 
○ ・・・8:00-12:00/13:00-17:00 
▲・・・9:00-14:00
※最終受付:診療時間の30分前まで
休診日:日・祝